アーユルヴェーダとアロマテラビーを学ぶ

こんにちは。アーユルヴェーダサロンAyus-lino(アユスリノ)です!

アーユルヴェーダを専攻していながら、改めてアロマの勉強を開始します☆

改めてと言ったのは、アーユルヴェーダより前からユーザーとして使っていたりはしたのですが、
LAKSHMIのコスメを使っていると、どーしてこんなに効果が出るんだろう?ということが知りたくなったことと、
とある先生にご縁を頂いて、その先生から学びたいと思ったから。

去年から、私のセラピーのキーワードに、”植物”が入ってきている気がしています。

フラワーレメディしかり、アロマテラピーしかり。国境やジャンルを超えて何かを伝えようとしてくれています。

コスメを作っている研究者の方いわく、
合成化合物を使った原料でもオーガニック原料でも同じように美容効果を引き出す事は出来るそう。

ただ、生きている植物は毎回同じ行程で採取しても、同じ成分が取れるわけではなく、その時の天候や気候など
色んな関係で作りだす成分が変わってしまうから、安定供給を考えたシステムの中では扱いが難しいんだとか。

おっしゃる通り。安定供給なんて、人間のためのシステムだから、都合よく、自分に合わせた商品が手に入る
わけでもなく、そのゆらぎに自分が寄り添っていく方が自然。

これって、今現在、息苦しさを感じている人も似ているなと思ったりもして、今の状況が苦しかったら、
もっと自分に寄り添っていくことをしてあげましょ!と伝えたい。

そーして、寄り添うためにはまず”自分の本音”を知る必用があり。そーいうところはアーユルヴェーダの知識は
役にたつんじゃないかなって思ったりするのです。

(知識を得なくても、トリートメントで自分の感性(5感の働き)を正常にしていくことでもOKだし、
 がむしゃらに突っ走って、突っ切ってる人も輝いてて好きですけれど(^^))

ずっとアーユルヴェーダの薬草のオイルを使ったり、フラワーレメディをしたりしていると。
目には見えないけれど、植物の持つ力が人にもの凄く作用することを感じてて。

そーいう微細な感覚を皆さんと共有していけたらと思います。

自分の今の状況に寄り添い、必用なものをセレクト出来る、アーユルヴェーダの生活を皆さんとこれからも
楽しんでいけるように、日々、田村は進化して参ります(^^ゞ)

関連記事

  1. NEWプロジェクト顔合わせ会

  2. 新しい出会いの前にフェイシャルを

  3. イタリア研修開始